診療案内

問診

どうぶつの状態を把握し、適切な治療法を選択するために何よりも重要です。

特に初めての診察時には、これまでの病気についてやどうぶつの性格・好み・生活環境など詳しくおたずねします。

 

視診・触診

舌や脈の状態、痛みのある場所や身体の温度など、詳細にチェックします。

 

治療法の選択

ツボを刺激することで、自律神経を活性化させ内蔵やその他の不調を治療します。

ツボの刺激には、つぎの方法を組み合わせます。

鍼治療(白鍼)

 

ツボに鍼を刺し、15分から20分そのままにしておく方法です。

電気鍼

 

鍼治療の効果を高める方法です。

機械を使い、症状に合わせ、様々な周波数で電気を流します。

水鍼

 

ツボに薬液の注射を行い、刺激が持続するようにします。

灸・炭温石

 

ツボを温める治療です。

マッサージ

 

どうぶつをリラックスさせ、患部を優しく刺激します。

鍼や漢方薬治療の効果を高めます

 

漢方薬

 

どうぶつ専用の漢方薬を処方します。